“新会長就任に寄せて”

当協会は、昭和22年9月に任意団体として発足し、昭和27年9月に社団法人として認可され「日本船舶機関士協会」として設立されました。
設立当時は戦後復興を経て日本経済が急速に発展する時期でありました。舶用機関の革新が着々と進められた時代であり、レシプロエンジンからディーゼル機関への転換、低質重油の専焼等、乗船中の機関長士の苦労は並大抵ではなく、機関長士の待遇改善の提言や機関メーカーとの技術交流会及び提案等の活動を当協会の主な活動として諸先輩方が取り進めて来られました。
その後、自動化船、主機船橋操縦、E-1当直体制、高度合理化船、M-0船、船員制度近代化、混乗船等船舶に関わる技術革新は目まぐるしいものが有り、それらに適応するべく当協会及び我々機関長・士は新しい知識と技術への対応に日々精進してきました。
このように長い歴史と実績のある日本船舶機関士協会15代会長に選出され、その重責に身の引き締まる思いですが、正会員並びに賛助会員の皆様の叱咤激励を受けながら当協会の活動の活発化と発展を目指して行きたいと思います。

 さて、昨今世界的に地球環境問題が議論されており、わが海運においても様々な規制がなされています。古くはオイルポリューション防止から始まり、エアーポリューション問題(オゾン層破壊物質、NOx、SOx、CO₂及びGHG 、PM)及びバラスト処理問題等は船舶機関士の実務に大きな影響を与えており、また更なる影響を与えようとしています。最近はマイクロプラスチックによる海洋汚染も問題化されており、世界的に規制が検討されつつあります。

 ところで、我々の先祖といえばホモ・サピエンスですが、同じ時期にほぼ同じ場所でネアンデルタール人も暮らしていたという跡が見つかったそうです。ネアンデルタール人は体もがっちりしており、頭脳もおおむね同じ中、我々の先祖だけが生き残りました。原因は、諸説ありますが、集団の大きさが影響した事も一因であったといわれています。ネアンデルタール人は体の大きさや狩りのやり方の違い他により集団が家族単位程度でしたが、ホモ・サピエンスは体の小ささ故か集団による行動が中心でかなり大きな集団であったようです。集団が大きいほうが、食べ物・狩りの場所、病気等経験を早く共有でき、また道具の他、発明、発見を早く広めていけます。また、その経験・発明・知恵をのちの世代まで長く伝える事ができ、それらによって、厳しい気候変動等の環境変化の変化にも対応できたと思われます。 
因みに、ホモ・サピエンスとは賢い(知恵のある)人を意味するとの事です。

 令和2年則ち2020年といえば、一般的には東京オリンピックですが、我が海運界では2020年問題と言われてきた、SOx規制が1月1日より発効致します。対応は様々あり準備はされてきましたが、どれも経験の無い事であり、我々機関長・士の真価が試される事になります。   
当会も、早くかつ広く積極的にその実績・経験を発信・共有し、また、現在持っているすべての知恵でもってみんなで、この難局を乗り越えたいと思っています。
 地球規模での問題であり、小さな単位では解決できない時代になってきており、皆で切磋琢磨し、協力して解決すべき時代だと思われます。
 糸は一本だけでは容易に切れてしまいます。経糸と横糸は織りあった布になれば強度は増し、また優しく温かく包むことができるようになります。当会も横糸になれるよう今後とも頑張っていきたいと思いますので皆様の変わりの無いご支援・ご協力をお願い申し上げます。

以上

令和1年6月
会 長 掛谷 茂